top of page
  • 執筆者の写真smo inc

経営理念と宗教について(後編)パーパス主導のファストフードチェーン、Chick-fil-A

更新日:3 日前





前編より続く)Chick-fil-A は、おいしいチキンバーガー、ワッフルポテト、ミルクシェイクで知られるアメリカのファストフード・チェーンである。店舗ごとの収益と顧客満足度でマクドナルドやKFCを上回るChick-fil-Aの独特な特徴として、従業員に休息の日を提供するため、キリスト教の価値観に基づいて毎週日曜日は営業を休んでいる。


Chick-fil-Aのマーケティング方法もまた独特で、ユーモアに富んだウィットな広告で高く評価されている。代表的なのが、「Eat Mor Chikin」と呼びかける面白い牛のマスコットキャラクターを使った広告である。



Chick-fil-A はパーパスドリブン企業の先駆者と言える。1980年代初頭に正式にパーパスステートメントを策定したことがその証拠である。特筆すべき点は、創業者のトルエット・キャシーが熱心な宗教家であったことである。そのため、彼のビジネス信条の多くは彼の宗教に根ざしていた。そして、これらのビジネス原則が会社の文化やパーパスを形成したのである。本記事では、Chick-fil-A がパーパスを明確にし、文言化するに至った経緯とその方法について考察する。


パーパスステートメント策定するきっかけ

1980年代初頭、世界的な経済不況が襲った。アメリカでは失業率と金利が急上昇し、Chick-fil-A もその影響を受け、成長が鈍化した。この状況に対処するため、経営層2日間の合宿を計画した。初日は、財務状況やマーケティング戦略に焦点を当てた。


2日目、経営層は初日に練り直した戦略に自信を持ち、新製品や財務、戦略以上の本質的なテーマに切り替えた。彼らは「なぜ我々は事業を行っているのか?」「我々は何のためにいるのか」という問いに答えることに注力した。創業者の哲学、価値観、そしてパーパスが文化に組み込まれ、受け入れられていたが、パーパスは言葉で明確に表現されたことがなかった。今こそ、Chick-fil-Aの「WHY」(なぜ)を文言化する時であった。


パーパスの定義(パート1)

パーパスの定義においては、創業者の信念と彼の経営理念が基盤となった。以下は、元CMOがパーパスステートメントの最初の部分についてどのように考えたかを説明したものである。


「我々の答えの最初のフレーズは『To glorify God』(神を賛美するため)となりました。つまり、神が私たちを創造し、私たちを愛し、私たちが持っているものや楽しんでいるものを含む、世界のすべての源であるため、神に栄光と敬意を捧げるという意味です。」


パーパスの定義(パート2)

パーパスの第二の部分は、それをどのように実行するかに焦点を当てた。つまり、どのようにして神を賛美するのかという問いに答えるものである。この点については、創業者の考えを探った。元CMOは次のように説明している:


「私たちは、財産から人間関係まで、すべてのものは、神の所有物であり、神からの贈り物であることに気づきました。したがって、神がすべてを所有しているならば、創業者トルエットは単にその『ケアテイカー』(世話役)にすぎません。神がトルエットや私たちの手に一時的に委ねているだけなのです。したがって、『私たちは、神が私たちに委ねたすべてのものに忠実なケアテイカーであり続け、それによって、神を賛美する』のです。」


パーパスの定義(パート3)

パーパスステートメントの第三の部分は、十戒の重要なフレーズ「自分を愛するように隣人を愛せ」を体現している。Chick-fil-Aの行動と貢献が最終的にどのような影響をもたらすか?彼らはそれを「Chick-fil-Aに関わるすべての人にポジティブな影響を与える」と表現した。インクルージョンやダイバーシティという言葉がビジネス文脈で語られることのなかった1980年代において、このステートメントは包括的であり、顧客だけでなくChick-fil-Aで働く人々にも向けられている。このステートメントは、常に安全でポジティブかつ愛情あふれる職場環境を作り出すための指針となっている。


こうして定義された彼らのパーパスステートメントは、今日に至るまで以下のように表現されている:


「神が私たちに委ねたすべてのものに忠実なケアテイカーであり続けることで神を賛美し、Chick-fil-Aに関わるすべての人にポジティブな影響を与える。」


To glorify God by being a faithful steward of all that is entrusted in us, and to have a positive influence on all who come in contact with Chick-fil-A.




最後に、Chick-fil-Aが非常にユニークな企業であることに触れたい。Chick-fil-Aは宗教にインスパイアされた企業であるが、宗教企業ではない。元CMOはこの点を非常によく説明している:


「私たちは『クリスチャン企業』ではなく、オーナーおよび経営層が聖書の原則に基づいて日々行動することを志す企業です。」


Chick-fil-Aのパーパスステートメントに学ぶ

最後に、まとめと重要なポイントに触れたい。Chick-fil-Aのパーパスステートメントは、公開企業のものと比べると一般的ではないが、ブランドや企業のパーパスステートメントを策定し、表現する上で重要な教訓を提供している。


彼らのパーパスステートメントから、いくつかの重要な要素が見えてくる:

  • 本質的な行動(神を賛美すること)

  • それを実現する方法(神が私たちに委ねたすべてのものに忠実なケアテイカーであり続けること)

  • 彼らの行動による最終的な影響(Chick-fil-Aと接触するすべての人にポジティブな影響を与えること)


これらの要素が組み合わさることで、強力かつ有意義なパーパスステートメントが形成されるというわけである。


 

参考文献:


Photo Credits:

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
記事: Blog2_Post

CONTACT US

エスエムオーは、組織がその存在理由である「パーパス」を軸にした強いブランドになれるよう、
パーパスの策定から浸透までのコンサルティングを行うブランディング会社です。

bottom of page