top of page
  • 執筆者の写真smo inc

よいパーパスとは:Simplicity 編

更新日:2023年8月15日


1950年、中国の識字率は20パーセントだったのが、現在では、85パーセントを超えている。その要因のひとつに、1950年代に漢字が簡略化されたことがある。当時、中国政府は新しい簡体字「简体字」を制定し、画数を減らして簡略化、さらに中国漢字そのものの総数も減らし、これにより、学ぶ側だけでなく、教える側にもハードルが下がった。


このことは、組織におけるパーパスの活性化についても同様のことが言える。

企業のパーパスの内容の言葉が難しかったり、要素が多すぎたりといった複雑なものであれば、それを伝播して組織内外に拡げる機能も低下するということだ。中国の識字率のケースは、なにか新しいことを広める際に、その対象となる層が大きいほど、シンプルさが力を発揮することを示しており、パーパスについても、その文言がシンプルで明確であるほど、理解しやすく、広めやすいと言えるだろう。


パーパスがシンプルであるかどうかを評価する際には、次のような視点でチェックしてみよう:

  • そのパーパスは、急速に進化する現代の世界で、すぐに習得でき、内部浸透できるようなものか?

  • そのパーパスは、さらに他の人に教え、広めることができるものなのか?



関連記事:

記事: Blog2_Post

CONTACT US

エスエムオーは、組織がその存在理由である「パーパス」を軸にした強いブランドになれるよう、
パーパスの策定から浸透までのコンサルティングを行うブランディング会社です。

bottom of page