top of page
  • 執筆者の写真smo inc

パーパスを軸とした経営のポイント


パーパス策定は、社内・社外どちらに対しても、駆動エンジンとなる。パーパスという燃料で駆動したエンジンから経営をドライブする、つまり、パーパス・ドリブンな状態を作り出すために、今までやってきたことがきちんとパーパスの文言に含まれているか、そして今後やろうとすることが、策定したパーパスに基づいているかどうか、ということが重要である。 


今までやってきたことがきちんとパーパスの文言に含まれているか、そして今後やろうとすることが、策定したパーパスに基づいているかどうか、ということが重要である。 

弊社がお手伝いした、セブン銀行がよい例である。セブン銀行のパーパスは、「お客さまの「あったらいいな」を超えて、 日常の未来を生みだし続ける。」


セブン銀行は元々、22年前に、セブンイレブンのお客さんから 「コンビ二でお金がおろせたらいいな」という声があったところから、ATM事業が始まった。その原点はまさしく策定したパーパスが表現している。


また、パーパス策定以降、セブン銀行は、パーパスを起点に、色々なイノベーションに挑戦し、ATMでお金の入出金以外のビジネスと価値を作り出している。たとえば、ATMでSUICAや電子マネーをチャージできたり、マイナンバーカードと紐づけてATMのカメラで本人確認をするなど、まさしく「あったらいいな」が実現され、私たちの日常をよりよくしている。


パーパスとの一貫性がらしさを生み出す

セブン銀行の例では、彼らのパーパスは、自社の歴史と現在、そして目指したいもの、これらすべてに基づいたものであり、一貫性があることがわかる。これこそが、その会社の、”らしさ”を生み出す。パーパスに自社のらしさがあると、従業員はパーパスの元に行動し、取引先と顧客は、よりそのパーパスに賛同してくれることになるであろう。


 

関連記事:

Comments


記事: Blog2_Post

CONTACT US

エスエムオーは、組織がその存在理由である「パーパス」を軸にした強いブランドになれるよう、
パーパスの策定から浸透までのコンサルティングを行うブランディング会社です。

bottom of page